スポンサーリンク


2014年6月29日日曜日

【2016年版】ソラスト 介護職員初任者研修(特色,口コミ・評判)

今回の記事では、ソラスト(旧 日本医療事務センター、ニック教育講座)の初任者研修の特色や、口コミ・評判についてまとめました。

*2016年1月4日更新版。


■ ソラストの初任者研修の特色

ソラストの介護職員初任者研修課程の形式は、通信(自宅学習)+通学。通学日数は 15日間です。

初任者研修講座について、公式ページでは次の点が強調されています。

・理解力が深まるインスタントシニア体験(高齢者擬似体験)
・スクーリングと自宅学習でしっかり習得
・ロールプレイングで実践
・少人数グループ制

インスタントシニア体験(高齢者擬似体験)では、高齢者の身体機能の変化を体験することにより、介護される人が望んでいる配慮ができることを目指しています。特殊なゴーグルやウエイト(おもり)などを装着して日常の動作を行い、高齢者の身体的な衰えや不自由さを体験し、介護の現場で活かします。


■ 5つのサポート制度

ソラストの初任者研修は、「学びやすく、続けやすい」を重視。5つのサポートにチカラをいれています。

・振替制度
・受講期間は最大8か月
・質問制度
・合格支援制度
・就業サポート

合格支援制度については、試験に不合格だった場合でも、受講期間内であれば再試験を受けることが可能。再試験の際には、再試験のための補講がセットになります。

※再試験&補習はセットになっています(1回5,000円)。
※大阪府内で受講の場合、再試験の上限は4回まで。

就業サポートについては、ソラストの医療関連サービスおよび介護サービスに修了生や登録者を送り出しているそうです。


■ ソラストとは

ソラストの旧社名は、日本医療事務センター(ニック)。日本医療事務センターは、2012年10月1日付で社名を「株式会社ソラスト」に変更。変更の理由としては、「介護関係の事業に積極展開する当たり、医療事務のコトバが社名にあると不便」といったことがあったようです。

ソラストの資格取得講座について、公式ページでは次の点がアピールされています。

・就業を目的とした実践的なカリキュラム
・受講生のライフスタイルに合わせた「通学コース」と「通信コース」を用意
・学びやすく続けやすい環境で学ぶ意欲を支え、優れた技術と心を備えた医療・福祉のスペシャリストを育成


■ 受講費用は?

  113,500円(税込・教材費込)

参考までに、おもな介護資格スクールの受講費用については、当ブログの次の記事でまとめています。

【最新】資格学校「介護職員初任者研修の受講料・費用」比較


■ 講座スケジュールは?

週1回のコースや週2回のコースなどがあります。週1回なら4か月前後、週2回なら2か月前後の日程になります。日曜のコースもあり、働きながらでもムリなく受講できるようになっています。

たとえば、2016年の東京の例ですと、次のような日程の講習会が見受けられます。

〇 キャリアセンター品川

  期間     : 1/25~2/26
 曜日     : 平日
 時間帯 : 9:30 ~18:00


■ 就業支援が強み?

ネット上で口コミを見てみますと、「就業支援が比較的充実している」「受講費用が安め」といった声が見受けられます。


■ 他にはどんな学校があるの?

初任者研修でよく知られている資格取得学校としては、ソラストのほか、ニチイ学館や、三幸福祉カレッジや、ハクビ、未来ケアカレッジといったところがあります。


【関連記事】

【ニチイ学館 vs ソラスト】介護職員初任者研修(特色,口コミ・評判)
【ニチイ学館】介護職員初任者研修課程 筆記試験の内容は?
ゼロからわかる介護職員初任者研修課程のカリキュラム